Press "Enter" to skip to content

青汁をおいしく飲みたい!一杯ごとの工夫

毎日飲む青汁は時々味気なく感じることがあります。健康や美容に良いからと思っていても、毎日のルーティンワークはつまらなく感じるものです。そんな時は、飲む時に何かをプラスしておいしく、変わりばえのしない日常のアクセントとして楽しみたいですね。

まず飲みやすい青汁選びを!

おいしく飲むためには、飲みやすい青汁をまず選びましょう。ケールは青汁の原材料のパイオニア的存在で、私たちが思う「飲みにくい」「おいしくない」青汁はほとんどがケールが原材料に使用されています。

ただ、このケールという植物、栄養素を豊富に含んでいて、まさに良薬は口に苦しということわざにピッタリです。また、ケールの含有量により飲みにくさも違い、ほとんどがケールでも飲める人もいるし、含有量が少ないケールしか飲めないという人もいます。お試し品などを飲んでみて、自分の飲める青汁を選びましょう。

その飲みにくいケールに代わり、大麦若葉の青汁製品が増えてきました。大麦若葉はくせがなく、青汁が初めての人も飲みやすい味です。大麦若葉で満足できない人は、まず大麦若葉に慣れておいて次にケールに挑戦してみるのも良い方法です。

甘味料を入れるとぐんと飲みやすい!

粉末の青汁を水やぬるめのお湯で溶いた後、砂糖などの甘味料を入れると、とたんに飲みやすくなります。砂糖の他に、ハチミツやオリゴ糖、メープルシロップなど、お好みに応じて入れて飲みましょう。甘味料を入れると、大人だけではなく、子供さんも飲みやすくなり、家族で青汁を楽しめます。

甘味料の中には、乳酸菌を増やす役割をするものもあり、青汁の成分だけでなく、中に混ぜる甘味料の成分で健康や美容に効果が表れることも期待できます。

青汁を溶かす液体を変えて楽しみながら健康に!

青汁を水かお湯で溶かすと、味はもちろん青汁本来の味で変化はありません。牛乳や豆乳で溶かすとコクが出て、青汁の匂いが気にならなくなります。この時注意したい点は、牛乳と豆乳は栄養価が高く、その分カロリーが高めです。

また、牛乳はコレステロールが含まれており、高脂血症が気になる人は牛乳に溶かす時は低脂肪乳や無脂肪乳を使用するなど、もう一工夫が必要です。その他に野菜や果物のジュースで溶かす方法や、スープに加えたりして料理に利用する方法があります。料理に利用すると1人分の量がきちんと摂れないかもしれません。適量に気をつけて上手に利用しましょう。

いやいや飲むより楽しみながら健康と美容対策を!

せっかく購入した青汁を、飲みにくいからとそのまま置いてしまっては何も変化が起こりません。上手に毎日の料理に取り入れて習慣化し、家族ぐるみでの健康や美容対策をしましょう。一緒に取り組むことで家族の絆が深まることでしょう。

美しい肌を保つ青汁!毎日飲んで若々しく!

青汁は症状のある人だけが飲むものだと思っていませんか?青汁には各種ビタミンとミネラルが豊富に含まれています。そのため、気になる症状にはもちろん、美肌効果は抜群で、続けることで実感できる健康と美容に対してパワーを発揮するドリンクなのです。

気になるシミやシワに効果のある成分はいったい何?

美しい肌を保つためにはシミ対策とシワ対策は必須です。青汁にはどんな栄養素が入っていて、どの成分がシミやシワに効果があるのでしょうか。特に女性には気になる話題です。青汁の原材料は大麦若葉やケール、明日葉などがあります。どの青汁ラサンテにも共通していることは植物性であるということ。植物から摂れる栄養素は各種ビタミンとミネラル類です。食物繊維も豊富に含まれています。

シミに効果的な栄養素はビタミンCが代表的です。ビタミンCはできてしまったシミに有効な成分です。水溶性ビタミンなので、数時間で体外に排出されるため、毎日摂ることが大切です。その他のビタミンでは、シミの予防にはビタミンAが有効です。また、皮膚の乾燥、肌荒れから起こる色素沈着にはビタミンBが有効です。

体の内側からのケアで外見も美しく

青汁を飲むことは、体の中に栄養素を取り入れています。食べ物は体内で消化吸収され、体の隅々まで栄養素を運び、気になる症状に働きかけます。薬ではないので即効性はなく、毎日継続して摂ることで体の変化が起こるよう期待されている健康食品です。

青汁には身体の不要物を排出する際に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。便通が良くなると、不要物をため込まず、吹き出物などの皮膚の状態が改善されます。穏やかに腸内フローラを整えることで異常な腹痛などを起こすことなく、毎日快適に過ごすことができます。体の内側からケアしつつ、外見も美しく変化していきます。

青汁プラスの成分でも美肌効果が!

よく青汁にプラスされている成分には緑茶、豆乳、乳酸菌などがあります。緑茶にはビタミンCが含まれていて、さらに美肌効果が期待されます。豆乳は大豆製品で、良質の植物性タンパク質が含まれ、基礎代謝を高める効果があります。

また、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも含まれていて、女性らしい体の機能を維持します。乳酸菌は腸内フローラを整え、便通の調節をし、便秘や下痢を改善します。青汁にプラスされた成分で美しさも健康もパワーアップしそうです。

自分に合った青汁を選んで継続しましょう

青汁の成分によっては人によりアレルギーなど起こす可能性も否定できません。成分を確認して自分に合った青汁を一定期間続けて飲んでみましょう。

肌や体が良い状態は医療費や化粧品に手間をかける時間とお金が少なくなります。気になるお値段も定期購入や割引商品などを見つけてなるべく安く購入することで継続して、健康と美しさを保ちましょう。